●西川島保育園

分野

(対象種別)

運営主体  所在地 使用評価項目

報告書作成日

保育 

(認可保育所)

(社福)白百合会

横浜市旭区  横浜市版 2015年12月4日
 
報告書全体はこちらからダウンロードできます。
公表用評価結果報告書【西川島保育園】.pdf
PDFファイル 1.7 MB

報告書より抜粋:総合評価

 

【施設の概要】

 

西川島保育園は、相鉄本線「鶴ヶ峰」駅からバスで「稲荷神社入口」下車、徒歩約3分の住宅地の中にあります。1979(昭和54年)6月、横浜市により開設され、2013年(平成25年)4月、社会福祉法人白百合会に民間移管されました。

園舎は鉄筋平屋建てで、保育室(6室)、調理室、事務室、職員休憩室、特別室などがあり、園庭には、プール、ジャングルジム、すべり台、鉄棒、砂場などが備えられています。

定員は90名(産休明け~5歳児)で、開園時間は、平日7:0020:00、土曜日7:0018:30です。

 保育理念を次のように定めています。

1、子どもの最善の利益を求める「子どもの権利条約」を遵守し、児童憲章、児童福祉法を守り発展させる。

2、保育を必要とする乳児・幼児を養護・教育し、すべての子どもの発達を保障する。

3、地域社会で子どもの育ちを最優先する立場から、施設開放、子育て中の育児不安等の相談など、保育所を地域社会の有用な社会資源として活用を図る。

4、激しく変化する社会の中で保育に対するニーズは複雑化し、さらに多様化しつつある。このニーズに応えていくことのできる広い社会的視野にたち、たえず保育内容の改善をすすめる。

 保育目標は次の通りです。

  ・元気に遊べる子ども

  ・自分を表現し、工夫し、考える子ども

  ・仲間と共感しあう、心豊かな子ども

 

 

●特長・優れている点

  

1】子どもたちは元気に遊びながら、さまざまなことを学んでいます。

  

天気の良い日は、園庭や散歩先の公園などで、子どもたちは自分の好きなことをして楽しんでいます。公園では、洞穴探検、木登り、鬼ごっこ、バーベキューごっこなど友達と一緒に遊んだり、木の実や落ち葉拾い、虫取りなどを一人で熱心にやっている姿が見られます。園庭では、ジャングルジム、すべり台、自動車乗り回しなど、身体を動かして遊んだり、砂場では、泥団子やケーキを作って楽しんでいます。室内の活動でも、月2回、リズム遊びの時間があり、思いっきり身体を動かしています。

また、園の畑やプランターで、モロヘイヤ・ナス・トマト・ほうれん草・ねぎ・小玉スイカなどを栽培し、子どもたちは、苗を植え、育て、収穫する経験をしています。採れたものを給食で調理してもらって食べたり、クッキングで利用したりしています。そのほか食育の一環として、パン・梅ジュース・梅干・味噌・切り干し大根づくりなど、さまざまな経験をしています。動物に触れる機会として、蚕・金魚・カブトムシ・アオムシ・カタツムリなどを飼育し、餌やり、水換えなどを通じて生命の大切さを学んでいます。

園では、子どもたちが季節を感じられるように工夫をしています。例えば、給食の食材に、春はフキ、秋は菊の花、冬は柚子を取り入れたり、七夕まつりやお月見の会などでは行事食を取り入れたりしています。お正月には給食を重箱に入れてクラスに持って行き、秋には、園庭で採れたじゅず玉を紐でつなげる遊びに、子どもたちが取り組んでいます。

 

 

2】職員は、一人一人の子どもの気持ちを理解し、尊重するよう努めています。

  

全職員が子ども一人一人の配慮すべきことや状況を、職員会議・クラス会議・乳児会議・幼児会議などを通じて把握し、個別に対応するよう努めています。例えば、一斉活動のリズム遊びで、やりたくない子どもがいたとき、誘いかけの声はかけますが、無理に参加させることはありません。また、リズム遊びのとき保育士も子どもたちと一緒に床をゴロゴロ転がったり、鬼ごっこでは一緒に走り回ったりして、子どもの気持ちを自分でも感じ取れるようにしています。そのほかの場面でも、子どもの目線に立って気持ちを理解するように努め、年齢や発達にふさわしいおもちゃや絵本の提供につなげています。

 

 

3】地域との交流に力を入れています。

  

子育て支援として、一時保育・交流保育・ランチ交流・園庭開放・プール開放・絵本貸し出し・育児講座・育児相談など、多数の支援を行っています。また、運動会・七夕・お月見の会・節分などの園の行事に地域の方々を招待しています。さらに、「お話しボランティア」の方が毎月1回来園したり、「応援隊」(縫い物・畑作業・草取り・行事の手伝いなどのボランティアグループ)の方々が度々訪れるなど、さまざまな方が来園しています。

一方、子どもたちが園外に出て地域の人々と触れ合う機会も多く設けています。日々の保育の中で、散歩のときに行きあう人々とあいさつを交わし、花や野菜をもらうこともあります。園の夏まつりのときは、子どもたちが神輿をかついで町内を練り歩き、多くの方々から声援をもらっています。また、夕涼み会の夕食材料や節分のときにつかうイワシなどを買いに、子どもたちが近所の店に出かけています。

また、鶴ヶ峰地区の保育所等が合同で行っている地域支援事業「つるがみネット」の活動に子どもたちが参加しています。例えば、5歳児が、就学準備の一環として、保育所ごとのグループ分けではなく、小学校の学区に分かれて、リズム遊びやドッジボール大会をしています。さらに、「つるがみネット」が行う「親子で遊ぼう会」や近隣の「子育てひろば」へ園の職員が参画するなど、地域との交流に力を入れています。

 

 

2外部からの不審者侵入防止対策 

 

園の出入り口は、登園・降園時間帯を除いて施錠しています。しかし、閉門しているはずの時間帯に施錠されていないことがあったり、開錠されている登園・降園の時間帯には保護者以外でも入れてしまう恐れがあります。不審者侵入をより確実に防ぐ対策を検討することが期待されます。

 

お問い合わせ

TEL: 050-3786-7048 

FAX: 045-330-6048

E-mail:

 daihyo★hyoukashimin.jp

 ※★を@に変えて送信

住所

〒231-0003

横浜市中区北仲通3-33

関内フューチャーセンター153