●にじいろ保育園サクセス金沢文庫

分野

(対象種別)

運営主体  所在地 使用評価項目

報告書作成日

保育 

(認可保育所)

(株)サクセス

アカデミー 

横浜市金沢区  横浜市版

2015年12月22日

報告書全体はこちらからダウンロードできます。
公表用評価結果報告書【にじいろ保育園サクセス金沢文庫】.pdf
PDFファイル 2.8 MB

報告書より抜粋:総合評価

 

【施設の概要】

 

 にじいろ保育園サクセス金沢文庫は、京急「金沢文庫」駅から5分ほど歩いた住宅地の一角に位置する  マンションの1階にあります。マンション1階にある園舎は日当たりが良く、小さいながら園庭もあります。園舎の床全体は天然のヒノキの床でぬくもりを感じさせる保育園です。
 にじいろ保育園サクセス金沢文庫は、2006年4月に、株式会社サクセスアカデミーによって設立されました。運営法人は保育園・学童クラブ・児童館の運営、病院・事業所・大学内の保育委託サービス、保育施設運営のコンサルティングサービス等を、首都圏を中心に幅広く展開しています。
 定員は60名(0歳児~5歳児)で、開園日は月曜日から土曜日で、開園時間は平日が7時から20時、土曜日は7時から18時です。
 保育理念は「のびやかに育て だいちの芽」、保育目標は「自然を愛し、心身ともに健やかな子ども」「自分で考え行動し、意欲と根気のある子ども」「『仲間』と関わり、人を思いやれる子ども」「自己を表現できる子ども」です。

 


●特長・優れている点

 

【1】子どもがのびやかに育ち、やさしさを育くむ家庭的な保育が行われています

 

 園は、理念に沿い、子どもがのびやかに生きていく力を育む家庭的な保育を心がけています。保育士は子どもたちができるようになったこと、うれしかったことを共に喜び、気持ちを受けとめ、子どもの気持ちに寄り添いながら、子どもたちが満足してから次の活動に誘う、そのような保育を目指しています。
 散歩の行き先となる公園は子どもたちが選びます。行事は子どもの発想を受け止めながら進め方を決めています。自由遊びの途中で一斉活動が始まっても、遊びの続きができるように作った物を壊さないようにしています。自由遊びでは異年齢で一緒に遊び、子どもたちの間に自然と思いやりが生まれ、いたわりの心が育まれています。
 保育士は、子どもに対しての言葉遣いや態度は、保育士間でお互いに連携して気をつけています。せかしたり強制することなく子どもと落ち着いてかかわれるようにしています。おもらしをした子どもには、子どもの心を傷つけないように、スムーズに優しく対応しています。子どもたちは、温かく家庭的な雰囲気の中で、理念の「のびやかに育て だいちの芽」に沿った園生活を楽しんでいます。

 


【2】職員相互に認めあい、相談しあえる、信頼関係の上にたった保育を行っています

 

 職員は常勤・非常勤の立場にかかわらず、子どもたちのためにより良い保育を提供できるように連携し協力しあっています。また職員が経験や年齢にこだわらず、お互いの良いところを認め合って保育を行っています。保育士同士が相談し合う場面が見受けられるなど、職員が一人で悩むことなく相談や助言しあえる関係が築かれています。園長が不在のときも主任を中心に保育士が連携し、業務を行える体制が整っています。
 園に来た実習生には、保育士が子どもたちや職員同士の動きに目を配り、連携しながら行っている保育の実際を体験してもらい、保育士の仕事には、厳しさと共に喜びもあることを伝えています。実習生が、卒業後にこの園の入職を希望したり、実際に入職している事例も生まれています。

 


【3】一人一人の職員の課題に沿った、計画的な人材育成が行われています

 

 全ての職員を対象に、それぞれ身につけさせたい資質、受けるべき研修を定め、一人一人課題を明確にした上で研修計画を立案しています。毎年、職員は「チャレンジ共有シート」に自らの成長目標として苦手分野克服、得意分野向上、未経験分野へのチャレンジなどの視点で資質向上の目標を記入し、園長との面談で目標を確認します。これらを土台にした外部研修・法人研修・園内研修が定期的に実施され、必要な職員が受講できるような体制をとっています。園外研修は職員が参加しやすいように日常業務の調整をしています。園内研修は職員の要望を受けて計画する他、園長が節目ごとに全職員を対象にした理念やわらべ歌などの保育技術、子どもとの関わり方などについてプレゼンテーションを行うなど、保育の質の向上に努めています。

 


●今後の取り組みが期待される点

 

【1】地域への子育て支援の幅を広げる工夫

 

 地域の子育て家庭を支援する取り組みとしては、育児相談、育児講座、保育体験や親子広場などの活動を行っています。ただし、園の施設、園庭ともあまり広くないため、さらに施設内で地域支援を進めることには制約があります。園長は育児講座のためにベビーリンパマッサージの資格を取得し、他園の保育士を対象とした、わらべうたなどの講師も行っています。地域の保育資源として、園長をはじめ保育士、看護師、栄養士など、それぞれの知識・技術、経験を生かし、施設外で専門性を生かした育児講座を行うなど、地域を対象とした取り組みの幅を広げていくことが期待されます。

 


【2】ヒヤリハット記録の改善とさらなる活用

 

 園では、事故報告、アクシデントレポート、ヒヤリハットの制度を確立し、安全に関する予防処置の大切さなど、子どもの安全を守る園づくりに心を砕いています。園では、事故報告書はもちろん、ヒヤリハットにおいても記録を作成し、その分析等によって事故の予防対策を検討しています。ただし、ヒヤリハットの
 取り組みはまだ十分浸透しているわけではなく、意識の啓発や書式の検討によってより積極的に取り組むことが期待されます。

お問い合わせ

TEL: 050-3786-7048 

FAX: 045-330-6048

E-mail:

 daihyo★hyoukashimin.jp

 ※★を@に変えて送信

住所

〒231-0003

横浜市中区北仲通3-33

関内フューチャーセンター153